ルーミー・タンク値引きについて

ルーミー・タンク値引きはどこまで受けられる?

ルーミー・タンク値引きを最大限に引き出しましょう♪
新しい車を購入して、楽しくドライブしたいですよね?

ルーミーとタンクの値引き額 

ルーミー・タンクの値引き交渉にはライバル車の見積もりを利用するのが一番です。
しかし、ルーミー・タンク・トールは同時に発売されたばかりの車で、それぞれ同社(トヨタ)の車やOEM車なので、この3車種の見積もりを取り合ってもあまり意味はなく、どれも似たような値引きしか受けることができません。

ルーミーとソリオの値引きを比較

 

ルーミーやタンクはトールワゴンと呼ばれる車種になりますが、ライバル車となるとスズキのソリオバンディッドがそれに当たります。
ソリオバンディッドはダイハツのOEM供給ではなく、スズキのオリジナル車種です。

 

また、日産のバネットのバンタイプも比較的似た車種なるため、これらの車の見積もりをルーミー・タンクの値引き交渉に利用しましょう♪

 

ルーミー・タンク値引きするためのソリオやバネットの見積もりは…

ルーミーとタンクを値引きするためにすること

 

ルーミー・タンク値引きをなるべく引き出すには、ライバル車の値引きを比較する!
ルーミーやタンクを値引きするためのライバル車と目されるスズキのソリオバンディッドや日産のバネットのバンタイプは、少し前に現行モデルが発売されています。

 

2015年にフルモデルチェンジしたソリオは15万円前後の値引き、もっと前から現行モデルになっているバネットは30万円前後の値引きが期待できます。
バネットは新車価格がその他の車より20万円程度高く設定されていることもありますが、現在では結構な値引きが期待できる車種だと言えますね。

 

ですが、これらはあくまで参考程度だと考えてください。
発売から間もない新型のルーミー・タンクの値引き交渉の引き合いに出しても、それほど考慮はしてくれないのが実情です。

 

ルーミー・タンク値引き目標額は?

ルーミー・タンクの値引き目標 

ルーミー・タンク値引きは10万円以下しか期待できないと言っていいでしょう。
実際には5〜7万円程度の値引きだったという情報も多く、ディーラーも強気で交渉を行ってくるため、現在ではこれ以上の値引きは期待できないと思ってください。

 

ルーミー・タンクの値引き目標額は10万円に設定しましょう♪

 

ルーミー・タンク値引きが少なくても安く手に入れる方法

ルーミーを安く購入する方法

 

ルーミー・タンク値引きはとても少ないのが現状ですが、安く手に入れる方法があります♪

 

今まで乗っていた車がある場合、それを下取りに出して、その分を値引きしてもらうという方法があります。
ですが、ディーラーの下取りに出してしまうと、買い叩かれてしまうことがほとんどです!

 

そこで、下取りではなく、別に中古車業者に売却することをおすすめします。

中古車買取業者では基本的にディーラーの下取りより高く売れることがほとんどで、買取業者によってはディーラーよりもかなり高く買ってくれますよ♪

 

 

⇒あなたの車を高く買取ってくれる業者はこちら!

 

 

中古車の査定は車種そのものの他に、年式やボディーカラー、走行距離、修理歴の有無や現在の程度、オプション装備などによって大きく変化しますが、どのような状態であっても、ディーラーの下取り価格を下回ることはまずありません。

 

車自体の値引きを受けるのは難しいルーミーやタンクだからこそ、乗り換えになる車を少しでも高く売却して、値引きの足しにすることが大切だと言えるでしょう♪

 

ルーミー・タンク値引きが少ないなら一括査定サイトを利用しましょう

ルーミー・タンク値引きは少ないですが、一括査定サイトを利用してみてください!

 

ネットの一括査定サイトを利用すると、簡単に多くの業者からの見積もりをとることができます。
その中で比較的高い見積もりを出してくれた業者のいくつかに実際に現地査定に来てもらい、一番高く買い取ってもらえる業者に売却しましょう。

 

乗り換えになる車がある場合、買い叩かれる可能性の高いディーラーの下取りは利用せず、このような方法で中古車として少しでも高く売却することを考えてください!

 

ルーミー・タンク値引きが少ないなら、今の車を高く売ろう♪

▼▼   ▼▼   ▼▼

 

 

 

 

値引きが期待できないルーミー・タンクの特徴

ルーミー・タンクのインテリア

ルーミー、並びにタンクは、トヨタが2016年11月に発売を開始したは”トールワゴン”と呼ばれるタイプの車で、日本での発売に特化した車種になっています。

 

トールワゴンとは、3列シートではない1.5ボックスのミニバンを指す総称で、その特性から、日本での需要がほとんどだと言われています。
海外でもルノーのカングーのような同タイプの車が発売されていますが、日本の交通事情の中での実用性を重視した車種だと言えるため、海外でのドライブなどの用途に向いている車ではありません。
よって、日本以外ではマイナーな車種のようですね。

 

値引きが難しいルーミーとタンクの関係は?

 

このルーミーとタンクは、完全な兄弟車種になります。
と言うのも、どちらもダイハツの”トール”のOEM供給車だからです。

ルーミーの価格

 

トヨタは軽自動車を一切作っておらず、トヨタブランドで発売されている軽自動車は全てダイハツからのOEM供給です。
このルーミーやタンクは軽ではなく5ナンバーのコンパクトカーですが、同様にダイハツからのOEM供給となっています。

 

ルーミーとタンクの主な違いは、その見た目のデザインです。
ルーミーは日本でよく見るミニバンのような外見ですが、タンクの方は比較的アクティブ感を出しており、特に前面のラジエーターを強調したデザインは、SUV車のような感を出していると言えなくもありません。
デザイン以外の用意されているスペックはほとんど変わるものではないので、どちらを選ぶかはその人の好みによりますね。

 

値引きが微妙なルーミー・タンク・トールの3車種同時発売です!

ルーミーのラゲッジルーム

 

ルーミーとタンク、そしてOEM供給の元となっているダイハツのトールの3車種は、2016年11月に同時発売されました。
トールも性能的にほとんど変わらない為、これらは見た目のデザインで選ぶ3車種だと言うことができます。

 

新車価格はどれもほとんど変わらず、2WDや4WDモデル、ターボなどの仕様によって多少上下しますが、概ね200万円前後です。